« 2007年12月18日 (火) | トップページ | 2008年6月23日 (月) »

2008年4月 4日 (金)

携帯電話の活用

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◇ 春爛漫!!                    第239
☆モバイルオフィスの作り方 ★ 2008/03/18(火)
                            Vol.0239

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_

□   携帯電話の活用
□   携帯で経費の入力?!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 携帯電話の活用
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実はちょっとした事故があり、W-Zero3[es]が1週間ほど入院していま
した。でも無事に戻ってきました。

◇ 携帯電話の活用
 携帯電話と言っても私の場合はPHSです。安くなったと言ってもや
 はり携帯電話は割高・・・PHSは元々安い上に、このごろはPHS
 同士であれば通話料が無料です。
 
 どこからでも社内のメンバー同士は(別に社内でなくても)内線なの
 です。
 
 さて、私の持っているW-Zero3[es]にはメールが2種類(ライトメー
 ルを入れると3種類)搭載されています。
 
 1つはいわゆる携帯メール、もう一つはパソコンのOutLook相
 当のメールです。
 
 お客様とのやりとりはOutLookメールで、社内やプライベート
 は携帯メールで・・・と言うのが今までの役割分担でしたが、どうも
 OutLookメールの使い心地が悪いのです。
 
◇ メールの比較
 2つのメールは少し性格が違います。
 携帯メールはメールが来たら勝手に受信するし、それなりに便利です
 が、@Niftyのメールや会社のがとれません。
 
 OutLookメールは一般のメールがとれるのですが、1日に60
 通ぐらいのメールがやってきて、そのうちの2/3は携帯で取る必要
 はありません。
 
 もう、うんざりするほどたくさんのメールがやってきて、ひとつひと
 つ開いては読んだことにしないといけないのです。
 
◇ 便利な@niftyモバイルメールプラス
 そこで発見したのが”@niftyモバイルメールプラス”です。
 
 http://www.nifty.com/mail/mobile/tokucho.htm
 
 単なるメール転送とは違って、特定のアドレスから発信されたメール
 など、フィルタリングして転送してくれます。
 
 また、このメールに返信した場合は携帯からでも@Niftyのメールア
 ドレスで返信してくれるのです。
 
 この機能を使うと、到着したらすぐに受信する携帯メールで、一般の
 (指定したユーザーからの)メールだけを受信でき、返信は@Niftyの
 メールから返信したように見えます。
 
 これで、パソコンのないところでもお客様からのメールの見落としは
 無くなります。
 
 ¥220-/月の料金が必要ですが、便利さを考えると安いもので
 す。
 
◇ もっと携帯メールを活用しなくっちゃ
 私がモバイルオフィスを開いた理由の1/3はメールの送受信です
 が、携帯電話の機能と@Niftyのサービスを組み合わせると、この問題
 は解決しそうです。
 
まだ、今日申し込んだばかりですので、どのように便利になるのか分か
りません。
でも、メールはもっとも重要なお客様とのインターフェースですから携
帯の使い方をもっと進化させて便利にしたいと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 携帯で経費の入力?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、携帯電話の活用を考えています。
メールと、スケジュールは携帯(私はPHS)から自由に使えるようにな
りました。後は・・経費伝!

◇ 携帯で経費の入力?!
 以前、携帯から予定の入力や参照が出来るようになったときにふと、
 ”予定を携帯で登録できるなら、経費なんかも入力できるのでは??”
 と考えた事をお話ししました。
 
 その後、仕事がとっても忙しくて何も進んでいないのですが、それで
 も構想だけは進みました。
 
 ・ 特定のアドレスを介して通信をする
  (特定の・・と言ってもスケジュールと同居!?)
 ・ 特定のタイトルで経費伝と判断する
  (スケジュールと一緒)
 ・ 日付を指定したら指定日で、指定がなければ今日の伝票と判断
 ・ 出金科目を指定したら指定に従い、指定がなければ現金
 ・ 経費の科目は辞書登録
 
 -------------------------------
 14旅費,山陽に乗った:150
 42雑費,缶コーヒー:120
 ^^^^^辞書登録^^^^
 
 金額以外は辞書登録しておき、送信します。
 
 しばらくすると、登録できたデータの明細が送られてきます。
 会社のサーバーの経理dbには正しく登録されるでしょう。
 
◇ セキュリティーをどう守る?
 さて、問題はインターネットのメールをどうしてもサーバーに導入し
 たくないと言うことです。
 危険ですから・・・・
 
 そこで考えたのですが、メールを送受信するマシンはそれだけにし
 て、会社のサーバーはそのマシンのクライアントにすることにしまし
 た。
 メールマシンからはサーバーは見えません。
 
 一方、経理データーの入っているサーバーは5分に一度程度、メール
 マシンに新着のデータが無いかチェックをしに行きます。
 あれば処理をして、レポートをメールマシンに書き込みます。
 
 これなら経理データのあるサーバー(ネットワークサーバー)は安全
 ですし、円滑に経理処理も出来そうです。
 
◇ まだまだある開発構想
 実は経費データの携帯メールでの送信はほんの序の口で、他にも重要
 な開発構想があります。
 
 私がW-Zero3[es]を持っている理由の中で結構大きなウェイトを持っ
 ているのがお客様のメンテナンスです。
 
 W-Zero3[es]は通信回線を介して直接お客様のネットワークのデータ
 をメンテナンスできます。
 データベースを直接読み書きできるのです。
 
 で・・・・ふと考えたのですが、携帯メールでもデータベースの検索
 指示は出来るのでは???
 
 できますね・・・・
 
 検索したデータの修正と登録は??
 
 これもできますね・・・
 
 もっとも大切な仕事であるデータの調査やメンテナンスも携帯から出
 来そうです。
 今は忙しいから我慢して、ゴールデンウィークあたりの楽しみに取っ
 ておくことにします。
 
予定の登録(Wabi-Such)の成功の段階から何となく予感はあったので
すが、携帯メールだけで一通りの仕事が出来そうです。
新しいモバイルオフィスの予感がしています。

|

スピードサーブ導入物語

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◇ すっかり春!                    第238
☆モバイルオフィスの作り方 ★ 2008/03/13(木)
                            Vol.0238

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_

□   スピードサーブ導入物語
□   最先端テクノロジー??

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ スピードサーブ導入物語
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回はちょっと自慢話めいたスピードサーブのお話をしましたが、今週
は実際のセットアップのお話です。
でも技術的な話ではないですよ・・・・

◇ スピードサーブ導入物語
 とある日、新規案件の立ち上げをしているお客様のところで打合せを
 したのですが、後の都合もあって、1時間ほどしか時間がありません
 でした。
 
 そのときに、一緒に打合せに参加していた営業担当者が”今日、スピ
 ードサーブの設定をしたら?”と言うのです。
 
 彼はさる事務器関係の大きな営業会社のかなりのえらいさんなのです
 が、なぜか私といつも現場にいるのです。
 
 ”エー・・・今日ですか??”
 
 まだ心の準備が出来ていないままに、バグ取りをしては毎日その会社
 に通っていたマナベは気乗りしませんでした。
 
 でも、JRで30分ほどのところとは言え、毎日お伺いするとお客様
 のご迷惑でもあるし、機材はそろっているし・・・・
 
◇ 早速セットアップ
 と言うことで、早速セットアップすることにしました。
 
 と言ってもとっても簡単で、スピードサーブのインストールは3分ほ
 どで終わり、自分のオフィスに電話して、アクセステストをしてもら
 いました。
 
 電話番号の確認や通信回線のクリアさのチェック、データのアップロ
 ードやダウンロード、圧縮解凍などのテストをしてもらって、ほぼ
 30分、スピードサーブの設定は終わりました。
 
◇ 980円のサーバー
 さて、WillcomのPHSカードを使ったのですが、たまたまお
 客様の会社は神戸で一番のオフィス街にありますので電波の状況は抜
 群です。
 
 これで月額980円で運用できるサーバーが私どもとの間で広域ネッ
 トワークで結ばれたのです。
 
◇ その効果に改めて驚く
 さて、設定してみて改めて驚いたのですが、ホントに便利です。

 お客様の改善要望の対応は夕方にメールでいただいて、夜にかけて改
 造や調査をしますが、今までは明け方まで作業をして、翌朝必死で起
 きてお客様のところにお届けし、その後はぼーっとする・・
 
 の繰り返しでした。
 
 しかし、スピードサーブが開通したので、出来上がったソフトをどん
 どんアップして、そのことをメールでお知らせすることで翌日はゆっ
 くりと出来ます。
 
 
 データ調査もリアルタイムで入力中のデータを横からのぞいて、何が
 起こっているか判断できますし、修正も出来ます。
 
 まるでお客様の会社が隣のオフィスにあるような感じです。
 
◇ このカードは特別速いのですか??
 お客様のシステム担当者から最初に問われた質問です。
 
 ”64kですからとても遅いです”
 
 当然、マナベのお答えはそんな感じです。
 そう・・・遅いのですよ。
 
 でも遅くても、あると無いとでは大違い!
 
 ブロードバンドが良い仕事をしているのと同じぐらい、このとっても
 遅いPHSカードは良い仕事を私のためにしてくれます。


スピードサーブは私どもにとっては日常ですから、便利だ便利だと言っ
てもふだんはごく当たり前の光景です。
たまに、このようなドラマを経験すると、よくぞ作った!!と感動する
次第です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 最先端テクノロジー??
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、ありがたい法然和尚のお話を少しづつ読むようになって、マナベ
はものを考えるようになりました。

◇ 最先端テクノロジー??
 M16アーマライとと言うアメリカの軍用小銃とロシアのカラシニコ
 フAK-47という20世紀を代表する2つの銃があります。
 
 この2つの銃は技術というものを考えるときにとても良い参考になり
 ます。
 
 性能的にはあらゆる点でM16の方が良いそうです。
 ではM16の圧勝かというと・・・・・
 
 そうでもないようです。
 
◇ 性格の違い
 アメリカのM16はとても精巧で、最先端のテクノロジーをたくさん
 盛り込んで作られているそうです。
 
 一方、ロシアのAK47はわざとか、そうなってしまったのか、結構
 雑な作りで、精度も性能も決して高くは無いそうです。
 
 しかし、M16は頻繁に手入れをしないといざというときに稼働しな
 い(タマが出ない)のに対して、AK47はどんな過酷な条件でも稼
 働するそうです。
 
 実験では砂漠に埋め(この自点でM16はもう使えない)、上を軍用
 車で踏み通り、さらに水につけても驚いたことにタマが撃てます。
 
 昔、ベトナムのジャングルでアメリカの兵士がAK47を持ったゲリ
 ラと戦っていたときに、突然敵と遭遇したのにM16は砂をかぶって
 タマが出なかったそうです。
 
 敵が目の前にいるときに引き金を引いてもタマが出ないときの兵士は
 パニックになるそうです。
 それはそうでしょうね・・・・・
 
 で、どうしたかというと、その兵士は敵に向かってM16を投げつけ
 (他に方法がありませんから・・・)一目散に逃げたそうです。
 
 その兵士は幸運にも生還し、未だにM16に対して怒っています。
 
◇ 慣れた道具と性能の良い道具
 訓練や実験では高性能の道具を使ってみるのが良いと思います。
 しかし、実戦では慣れた道具や信頼性の高い道具が何より大切です。
 
 高性能であるより、シンプルでちょっと粗雑なぐらいの道具の方が故
 障しにくくて良いようです。
 
 ロシアは決して高い技術を持っているとは思えませんが、戦車や銃、
 戦闘機を作るときはこの哲学は徹底しています。
 
 自国民が精密な工作は出来ないものと言うことを前提に設計している
 ように思えます。
 
 しかし、そのおかげで山岳地帯でも砂漠でも、補給や整備を満足にう
 けられなくても使える兵器を作れるのです。
 
 タマが当たるかどうかは別にしても・・・・
 
 私も性能が良い道具より、シンプルで信頼性が高く、使い慣れた道具
 を選びます。
 
 ”要を問い、簡を求める・・・”
 
 武器のお話に法然和尚を持ち出すのは大変失礼なのですが、私にはと
 ても大切なことに思えます。
 
コンピュータのテクノロジーは最先端と言うことが言われがちですが、
私たちはお客様の要望と戦わないといけません。
自分の使っている道具と格闘しているようでは勝利はとても望めないの
です。
技術は進化し、何とか指向と言った理屈は進みましたが、相変わらずお
客様の仕様・要望は難しいです。

慣れた道具で戦うことにします。

|

要を問い、簡を求める

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◇ 春が恋しい!!                 第237
☆モバイルオフィスの作り方 ★ 2008年03月03日
                            Vol.0237

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_

□   要を問い、簡を求める
□   スピードサーブとPHSカード

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 要を問い、簡を求める
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
訳の分からない忙しさで気づいたら1週間が勝手に過ぎ去っていきまし
た。
私はまるで金縛りにあったように・・・・と黙ってメルマガをお休みし
たことの言い訳から今週は始まります。

さて、そんな忙しいさなかにも深夜(明け方??)寝床にはいるとおい
しいお酒と法然和尚のありがたいお話を聞いていました。

◇ 法然和尚の教えを読む
 あまりの難解さに1度では全く歯が立たず、2度目も寝酒の代わりに
 10ページも読むと熟睡していた梅原猛先生のご本”法然の哀しみ”
 に3度目のトライをしているのです。
 
 http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31379405
 
 法然和尚は鎌倉時代の方で、どんなアホでも・・・違いました、どん
 な悪人でも阿弥陀如来のお名前を唱えると極楽浄土に往生出来るとい
 う教えを広められた方です。
 
 数ある仏教の宗派の中でも庶民向けにわかりやすく教えを説かれてい
 るそうですが、やはり私のような、およそ学問と縁のない人生を過ご
 したものには難解です。
 
 まして、それを解説してくださるのが哲学者の梅原先生ですから、ど
 うしても難しいのです。
 (とは言っても専門の宗教学者さんのご本は最初の1ページ目から歯
  が立ちませんが・・・・)


◇ 要を問い、簡を求める
 さて、私は仕事柄(システム作りが仕事です)お客様の会社の業務シ
 ステムを作ったりしますので、自分がやったことのない仕事を資料や
 お客様のお話を伺いながらプログラムします。
 
 また、海外からソフトのタネを買ってきたりすると読めない英語のマ
 ニュアルを寝床で数日数夜眺めます。
 
 どちらも困難な事ですが、中学校でも高校でもほとんど勉強しなかっ
 た英語で書かれているマニュアルでも数日眺めていると(読むのでは
 ありません。元々読めませんし)何となく意味が分かってきます。
 
 お客様のシステムの仕様でも1週間ぐらいデータを眺めていると何と
 なく分かってくるものです。
 
 その経験を元に3度目のトライをしていると、少し内容が分かってき
 たような気がします。
 
 その中で気に入った言葉が”要を問い、簡を求める”という言葉で
 す。
 もちろん、法然和尚がおっしゃったかどうかは分かりませんが、梅原
 先生は法然和尚の方法論をそのように言っておられます。
 
 私はこの言葉を得たことだけで、3回目のトライは無駄では無かった
 と思っています。
 
◇ シンプル・イズ・ベスト・・だけでは足りないのではないか??
 昔からプログラムを作るときの戒めとして”シンプル・イズ・ベス
 ト”という事を肝に銘じてきました。
 
 何か複雑なことを思いついたら”もしかしたら間違ってないか??”
 と自分自身を疑うようにしています。
 
 でも、このごろ、それだけでは足りないのでは???
 と少し疑問に思っていました。
 
 ”要を問い、簡を求める”の中の”簡を求める”は実践していたので
 すが、大切な”要を問う”という部分が抜けていました。
 
 何もかもそぎ落とし、それでも本質をはずさないことが重要で、ある
 程度は本能的に行ってきたのでしょうが、充分科学できていませんで
 した。
 
 今後は”要を問い、簡を求める”を座右の銘として仕事の指針にする
 ことにします。
 
 真理を知った以上、今後は迷うことがありません。

それにしても800年ほど前に活躍された法然和尚がシステムづくりの
為の真理を教えて下さるとは・・・

肝心の極楽往生には未だ興味が持てませんが偉大な法然和尚と哲学者の
梅原猛先生のお二方から教えを受けることが出来るこのご本はお勧めで
す。
内容がよく分からないので、眠れない夜にぴったり・・・・すぐ熟睡で
きること請け合いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ スピードサーブとPHSカード
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、このごろPHSカードを使ったスピードサーブが活躍していま
す。

◇ スピードサーブとPHSカード
 スピードサーブは電話回線さえあれば遠隔地のコンピュータ同士でデ
 ータの同期を実現するとてもシンプルで安全な通信サーバーソフトで
 す。
 (私の作品ですのでちょっと照れくさいのですが・・・)
 
 でも、電話回線さえあれば・・・と言いながら数ヶ月間だけのサポー
 トのために電話回線を新たに引いていただくのは困難です。
 
 ISDN回線などが余っていてもサーバーやパソコンのそばまで回線
 をのばすのは大騒ぎです。
 
 そんな時にとっても便利なのがWillCommのPHSカードで
 す。
 
 3番号のみの契約で申し込めば月額基本料は980円で、しかもスピ
 ードサーブは受信はしますが発信しませんので、永久に980円/月
 のランニングコストで使えます。
 
 
◇ とっても簡単
 このPHSカードは本来、¥7,140-なのですが、24回払いの
 契約をするとただでもらえます。
 (正確には24回払いですが、途中解約しなければ事実上ただです)
 
 http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ch/s203c_td/index.html
 
 さて、ノートパソコンならそのままカードスロットに差し込めば良い
 のですが、デスクトップパソコンには通常カードスロットはありませ
 ん。
 
 そんなときに便利なのが”アイオーデータ”の”PCカード用USBアダ
 プタ”です。
 
 https://store.willcom-inc.com/ec/faces/cat319/lstlsct000207/cmdprde000581/
 
 さすがにこれは分割払いはなくて、¥10,920-ですが、これを
 パソコンのUSBポートに差し込むと、H”カードが使えます。
 
 これで準備OKです。
 
◇ スピードサーブ
 後はスピードサーブをダウンロードしてきてセットアップするだけで
 どんなに遠くのパソコンともネットワークが出来ます。
 
 しかもよほどアホな使い方をしない限り、一般の基幹系のシステムで
 は1日の通信コストは20円とか30円です。
 
 http://homepage2.nifty.com/speedserve/
 
◇ スピードサーブの優れているところ
 何より安全です。
 スピードサーブの稼働しているサーバーにアクセスするためには・・
 ・
 
 ・ 電話番号を知っていること
 ・ 今時珍しいシリアル通信の機材を持っていること
 ・ シリアル通信に対応した古典的な通信ソフトを持っていること
 ・ サーバーのパスワードを突破すること
 
 これだけの事をクリアしないといけません。
 そのうえ、ハッカーがこれらの困難を乗り越えて、サーバーにアクセ
 スできたとして、愕然とすること請け合いです。
 
 ・ とってもシンプルで無愛想なコマンド群
 ・ 1分10円とか20円かかる通信料
 ・ 通信履歴の完全な把握
  (発信元の電話番号は克明に記録され、発行したコマンドもすべて
   ログに残る)
 
 その上、1M程度のファイルのダウンロードにも3分ほどかかるので
 す。
 
 私なら、こんな苦労をしてハッキングし、時間をかけてデータを盗ん
 だりはしません。
 
◇ それでもとっても便利
 それでもスピードサーブはとっても便利です。
 基本は対話型の無愛想なコマンドラインの操作ですが、何よりBAT
 ファイルを使うことが出来、たいていの作業は自動化できます。
 
 データベースを遠隔地から直接操作できることも魅力です。
 
 それって誰にとって便利なのか??
 もちろん私にとってです。
 
 一般の方がファイルのやりとりをするならメールの添付でも@Nif
 tyのシェアキャビでももっと簡単でフレンドリーな方法がありま
 す。
 
 でも、お客様のシステム作りをする私たちにはなくてはならないソフ
 トです。


私どもにはこのPHSカードの予備セットがいつも在庫されていて出動
を待っています。
必要がなくなればお客様のところから引き上げてきて点検の上、ストッ
クされるのです。
スピードサーブはとっても自由で、フットワークの高い通信サーバーな
のです。

|

ウサギと目が合ってしまった話

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◇ 春が恋しい!!                 第236
☆モバイルオフィスの作り方 ★ 2008年02月19日
                            Vol.0236

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_

□   ウサギと目が合ってしまった話
□   データを集める

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ウサギと目が合ってしまった話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それはとある日曜の夕方のことでした。とっても不思議な体験をしたの
です。

◇ ウサギと目が合ってしまった話
 ちょっと仕事が一段落したので神戸でも結構有名なスウィーツのお店
 にでかけたのです。
 もちろん一人じゃないですよ。紅茶とケーキを食べたら牛丼を3回食
 べられるようなケーキ屋さんにわたしが一人で出かけるはずがありま
 せん。
 
 そこで、ふと店内の装飾を見ると・・・・
 ウサギがいるのです。
 
 柱に装飾としてウサギの顔をかけたあったのです。
 
 ウサギと言ってもかわいくて、平和主義者の代表のようなあのウサギ
 ではなく、どちらかというと怪しい、そしていかにも意地悪そうな・
 ・・・たぶん、不思議の国のアリスの中で時計を持って”遅刻だ!大
 変だ”と大騒ぎをしていた、あんなウサギです。
 
 それが妙にリアルな石膏(だと思う)の塑像で、目が合ってしまった
 のです。
 その瞬間、とても不思議なことが・・・・
 
◇ アイデアが次々と・・・
 今まで何となくボーッと考えていたプログラムのアイデアが次々と思
 い浮かび、形にならなかったものが頭の中で形になりかけていくので
 す。
 
 そんなアホな・・・
 と思いましたが、イメージできなくて困っていた新しいアイデアがど
 んどん具体的にイメージになります。
 
 その後はとてもおいしい(のでしょう・・味など覚えていません)ケ
 ーキとお茶をいただき、”何とかあのウサギを手に入れられないもの
 か??”と思い詰めていました。
 
◇ ホントにウサギ??
 わたしは美術、特に西洋美術に疎く、絵画や彫刻を欲しいと思ったこ
 とも見に行きたいと思ったこともほとんどありません。
 
 でも、今日、気づいたのです。
 もしかしたら美術というのは美しさを愛でるものでは無いのではない
 か??
 昔のえらい人や宗教家が美術品を大切にしたのは何かもっと違う理由
 があるのではないか??
 例えば何らかの呪術的な意味合いが・・・・
 
 芸術家はミューズの神に祈るそうですし、杜氏はバッカスの神に願を
 かけるそうです。
 
 もしかしたら私たちプログラマは不思議の国のアリスに出てくるあの
 忙しいウサギに????
 
◇ 来週確認に・・・
 しかし、あのウサギと目があった瞬間に、たまっていたアイデアが急
 に吹き出したことは事実で、来週もう一度ウサギを見に行こうと思い
 ます。
 
 データベースの新しいトランザクションの方法や、レプリケーション
 の方法など、漠然と考えていたことが今はとても鮮明に、そしてシン
 プルにイメージできています。
 
 とっても不思議な話です。
 
アイデアはプログラマの命で、技術など良いアイデアさえあればどうに
でもなるものです。
それにしたも神頼みとは情けない・・・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ データを集める
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わたしの仕事がプログラムというか、システム作りというか・・・
システムのメンテナンスというのか・・
たくさんの会社の電算室を引き受けているような仕事だと言うことはご
存じの通りです。
そんな私どもにぜひ必要なのはお客様のデータを集めることです。

◇ データを集める
 データを集めると入っても、不特定多数のデータをインターネットか
 ら集めるわけではありません。
 
 お客様の会社で私どものシステムを使って作られたデータを日々丹念
 に集めるのです。
 
 昨今でしたらVPNとか使ってオンラインでお客様のサーバーに直接
 アクセスするのかもしれないのですが、私どものテクノロジーは元々
 そのようなオンライン型ではありませんし、バックアップもかねて、
 随時同期を取る(データのコピーを持つ)事をします。
 
 でも、たいていのお客様のシステムはいわゆる基幹システムですか
 ら、データは数百Mから数Gになり、コピーなど出来ません。
 
 丹念に毎日、今日の分だけもらってくるのです。
 
◇ そんな面倒なことを・・・
 で、人一倍面倒くさがり屋のマナベがそんな地道な作業をしている
 か??と言うと、していません。
 きっぱりと繰り返しますが、決してそんな面倒なことはしません。
 
 あるいはお客様のサーバーに、または私どものサーバーに時間を決め
 てデータ同期をさせるのです。
 
 従って、お客様のお問い合わせに対してはほとんどの場合、自社のネ
 ットワークにアクセスするとデータ調査やソフトの調査、データの修
 正が可能です。
 
◇ データを持っている意義
 ソフト屋である私どもがお客様のデータのサブセットをお預かりする
 意義はたくさんありますが、例えばこの時期でしたら12月の決算デ
 ータを作る手伝いもあり、諸費税計算書の元データを集計して税理士
 さんに送信することがあり、ちょっと妙なデータを調査することがあ
 り・・・
 
 それはいろいろな事が起こります。
 
 何より、完全なデータのバックアップがありますので、万一のサーバ
 ー事故の際にとても安心です。
 
◇ サテライトオフィスまでは・・・・
 さて、会社のオフィスではほとんどお客様の会社と同じレベルでリア
 ルタイムに近いデータを持っていますが、自宅のサテライトオフィス
 にはデータは飛んできません。
 
 でもデータの調査依頼は休日でも深夜でもやってきます。
 そのたびに会社のオフィスかお客様のサーバー化にH”カードでアク
 セスして、必要そうなデータをもらってくることの面倒なこと・・・
 
 何とかならないものか??
 
◇ で、ウサギの目を見て思いついた・・・
 以前からぼんやり思っていたのですが、Wabi-Suchで信じがたいほど
 簡単に会社のオフィスとサテライトオフィスの間でデータの同期がと
 れています。
 
 このテクノロジーをちょっと改造すればオフィスまで届いているお客
 様のデータをレプリケート(同期)出来るのでは??
 
 セキュリティー的にも安心な方法が出来そうです。
 根性曲がりのウサギの壁掛けの霊験はあらたかです。
 
 遠隔地とデータを低コストで安全にレプリケートできれば、もう地理
 的な距離は関係ありません。
 
 ”ウーム・・・会社に出社しなくても仕事が出来そうな・・”
 
 世界一なまけ者なプログラマーは神頼みでそんなことを考えていま
 す。
 
そのためには今かかっているC社のシステムを完成させて、次のT社の
システムも何とか春までに立ち上げて、夏頃に予定しているK社のシス
テムに取りかかるまでの初夏が旬!!

怠けるためにはどんな努力をも惜しまない、なまけ者の底力をここは発
揮すべき時でしょう。

|

メールを使ったデータの収集

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◇ お寒うございます                 第235
☆モバイルオフィスの作り方 ★ 2008年02月12日
                            Vol.0235

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_

□   メールを使ったデータの収集
□   Excelの話題

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ メールを使ったデータの収集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回はWabi-Such(ワビスケ=私どもの新しいスケジューラ)がうけた
という話題でした。
さて、このWabi-Suchは遠隔地のサーバー同士や携帯電話とメールを使
ってデータの同期(交換)を行っています。
それが笑ってしまうほど簡単で・・・・

◇ メールを使ったデータの収集
 以前、ドコモさんがPHSをやめるという発表をされたときに、いよ
 いよモバイルでアナログ通信(電話回線でデータ通信)は無くなるか
 もしれない!!と思って、メールを使ったスピードサーブを開発しま
 した。
 
 開発は成功しながら、データサーバーをインターネットに接続するこ
 とに一抹の不安を覚え、それとPHSのPIAFSがISDN回線に
 アクセスできることを発見してお蔵入りにしました。
 
 しかし、そのときにつかんだ技術としてメールを一定の時間毎に受信
 し、タイトルにある文字列があるとデータ通信のデータだと判断して
 特定の処理をさせるという技術を確立しました。
 
 この技術はリアルタイムのレスポンスは弱いのですが、サーバーらし
 きものを作るのがとても簡単だと分かりました。
 
◇ Wabi-SuchやJob
 さて、私どもは原則的にデータ通信にはアナログ通信のスピードサー
 ブを使いますが、Wabi-SuchやHappyJob(仕事管理ソフト)のような
 日常的にゆっくりと同期すればよいソフトにはこのメールエンジンを
 使った通信を使っています。
 
 これがとっても簡単にできる割に結構安定しているのです。
 
 Wabi-Suchはちょっと特殊な事情から2日ほどで作ったソフトで、それ
 でも通信機能が必要だったので、数時間で通信サーバー機能を作りま
 した。
 何度かバグ取りはしたのですが、商品では無いので(特に忙しかった
 ので)何の手も加えていませんが、稼働から早3ヶ月ほどの間、ただ
 の一度もダウンしません。
 
 携帯から予定を送信するとちゃんと受け取ってサーバーに登録してく
 れますし、リクエストをすると今日から一ヶ月先までの予定をテキス
 トで送信してくれます。
 
 また、自宅のサテライトオフィスのパソコンとも順調にデータ交換を
 しています。
 
◇ もう少しつっこんでみようか・・・
 これだけ簡単にできて(従ってとてもシンプル)安定して稼働すると
 分かったら、業務システムのデータ交換に使えるのでは無かろうか
 ??
 
 と思う次第です。
 
 世の中のデータはそれほどリアルタイムでなくても役に立つものがた
 くさんあります。
 安定的に遠隔地とデータの交換が出来ることはすばらしいことです。
 
 通信上のデータベースサーバーとしても充分使えるのではないかな
 ??などと考える次第です。
 
 インターネットでは新しい仕組みが次々と開発されて便利になってい
 くのですが、セキュリティーやコストを考えるといつも二の足を踏ん
 でしまいます。
 
 メールはもう古典的なテクノロジーで、充分枯れており、セキュリテ
 ィー的にも安全です。
 
 ここは考えどころです。
 
 
いつもの事ながら、仕事が忙しくなるとマナベはやくたいもない白昼夢
を見て現実逃避を試みます。
でもそんな中から今でも基幹の技術として使い続けている技術も生まれ
ているのです。
白昼夢の上に言い訳まで入ると・・・これは末期症状ですね・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ Excelの話題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回Excelの話題を出したところ、さすがにメジャーなソフトだけ
あって、あちらこちらからメールをいただきました。
中でも興味深いのが・・・・

> 私どもはシステムで使うときもこの3つは明確に分離して使います。
> すると・・・・
> Excelはシステム開発環境になるのです。

と言うわたしの発言に対して”なぜ??”というものでした。
話せば長いのですが・・・・・

◇ Excelの便利さ
 Excelの良いところは、入力画面[即]プリント[即]データ登録と
 言うことでしょうか。
 例えば簡単な縦横の合計計算などはお手の物で、昔なら計算用紙(縦
 横にマス目の罫線を引いてある紙)に書き込んだ商品別売上などを電
 卓で(わたしはそろばんほど古くない)何度も計算していましたが、
 Excelならあっという間に答えが合います。
 
 
 そして翌月は中身の数字を変えるだけで、そのワークシートを再利用
 できます。
 
 こんな簡単なワークシートでもある種のプログラムなのです。
 
 そしてそのまま体裁を整えるとプリントも出来ます。
 
 このワークシートには数字を入力する部分(入力インターフェース)
 と計算する関数(プログラム)と入力した数字(データ)が一緒に登
 録できます。
 でも、その便利さが問題なのです。
 
◇ プログラムとデータの分離
 何が問題かというと、例えばこのワークシートを各支店に配って”こ
 のシートにデータを入力して送り返してください”と言った使い方は
 よくあると思います。
 
 で、それぞれの支社ではせっせと入力をするのですが、その後に計算
 に間違(関数の間違い)いに気づいたとしましょう。
 
 解決方法は次のどれかです。
 
 1. かまわずそのまま入力してもらい、集めてからそれぞれ修正する
 2. 担当者に連絡して関数を変えてもらう
 3. 計算式を正しくしたものを送り直して入力し直してもらう
 4. 気づかなかったふりをして、来月から直す
 
 どの方法も、システムと言うほどのものである場合は不可です。
 このことはデータと入力インターフェースが同じであることに問題が
 あります。
 
 プログラムやインターフェースとデータは分けるべきなのです。
 
 もし分けていたら・・・
 
 ・ 新しい改正版を送ってデータを読み込んでもらって登録してもら
 えば良いのです。
 
◇ ACCESSも同じ問題が・・・
 マイクロソフトのデータベースであるアクセスにも同じ問題があり、
 Excelと違って元々プログラム向きなだけに問題は一層深刻で
 す。
 ACCESSを使ったせいで破綻を来したソフト会社を何社も見てき
 ました。
 これも決してACCESSが悪いわけではないのですが・・・・
 
◇ インターフェースはインターフェースのために
 インターフェースはインターフェースのために、データはデータのた
 めに最適の形を取るべきなのですが、一緒になるとどうしてもどちら
 かの為の形を取ります。
 
 ふつうは入力画面の為にデータの形が制約されます。
 
 
◇ それでもExcelはすばらしい
 ただし、これはシステムとして使う場合の話であって、個人的に自分
 の道具として使う場合はこの限りではありません。
 
 元々Excelはシステムを作る道具ではなく、個人が自分の仕事を
 簡単にするために存在するのです。
 そして、その限りにおいてはExcelは最高のソフトです。
 
 でも、その便利さ故に私どもはシステムでもExcelを利用しま
 す。
 プリントの強さなどはExcelを超えるものはありません。
 
 で・・・・・どうしているのかという話ですが、Excelはプログ
 ラム(VBA)を使ったり、プリントの書式として利用しますが、デ
 ータとともに保存することはありません。
 
 データは別途、CSVテキストやデータベースに持っていて、Exc
 elはプログラムを使って、必要なデータを呼びだし、加工し、デー
 タベースやCSVテキストに登録します。
 
 決してExcelのワークシートとともに保存することはありませ
 ん。
 ちょっと変わった使い方ですが、プログラム開発言語としてもExc
 elは高い能力を持っているのです。
 
今回はご質問がありましたので、ちょっと専門的な話題になってしまい
ました。
もしかしたらExcelだけでほとんどのシステムを作れるのでは無い
か??と思っていますが、お客様の要求は多種多様です。
やはり開発言語も必要と言えば必要です。

|

Wabi-Suchがうけました

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◇ 本当に寒い毎日です                第234
☆モバイルオフィスの作り方 ★ 2008年02月01日
                            Vol.0234

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_

□   Wabi-Suchがうけました
□   Excelはすばらしい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ Wabi-Suchがうけました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
忙しい・・・なぜかとっても忙しいのです。
忙しくて長いことさわっていなかった(毎日使ってはいますが)Wabi-S
uch(侘び寂のスケジューラ)の話を友人にしたところ、えらいうけま
した。

◇ けなげなWabi-Such
 Wabi-Such・・・・というのは去年、私どものプログラマのS君がP
 HSを単に電話が出来るだけ(彼はそれまで重装備のW-Zero3を使っ
 ていた)の超シンプルな”ナイン”に買い換えたことで急遽作った私
 どものスケジュールソフトです。
 
 Wabi-Suchはほんの2日ほどで作りましたので、何の手も入れていませ
 ん。
 稼働し始めてからほとんど改造もバグ取りもしていませんが、超シン
 プルであることが幸いしたのか、トラブルもおこさずに元気に働いて
 います。
 
◇ うけたのは・・・
 さて、単純なスケジュール管理ソフトがなぜうけたのか??
 それは携帯電話から予定を入力できるからです。
 
 彼はあるボランティア団体に参加しており、たくさんの会員が入れ替
 わり、参加してくれるそうですが、誰がいつ参加してくれるのかは電
 話などで受け付けて人手で管理しているのだそうです。
 
 それは大変な作業だそうで、何か良い方法は無いものかと考えていた
 のだそうです。
 
 私どものWabi-Suchは携帯電話のメールが送信さえ出来れば誰でもど
 こからでも予定を送信や受信できますので、会員の携帯アドレスを登
 録するだけでボランティア活動の参加者の動向を管理できます。
 
 ”ウーム・・・そんな使い方は思いつかなかった・・・”
 
◇ 必要なものは・・・
 さて、改めて必要な道具を考えてみました。
 
 ・ メールを送受信できるパソコン1台
 ・ 専用のメールボックス
 
 必要な道具はこれだけです。
 後は会員の50人や100人ぐらいなら、好きなときに携帯で自分の
 予定を送信してもらったら良いだろうと思います。
 
 たいしたことの出来るソフトではないのですが、入力を携帯電話で(
 メーカー・機種を問わず・・メールが送れれば良し)出来ますので、
 ちょっとおもしろいネットワークを構築できそうです。
 
◇ もう少し改造を
 私どもは主に”週表示”しか使いませんので現在は”週モード”だけ
 しかありません。
 月曜から日曜までが1画面で確認できるアウトルックのような表示で
 すね。
 
 でも総務を担当している私どもの番頭からは”月モード”が欲しいと
 言われています。
 ルーチンワークが主な総務屋サンは毎月の定例の予定が必要なようで
 す。
 
 また、今回のボランティア活動の件を考えると、”日表示”も必要か
 もしれません。
 
 もう少し改造が必要です。
 
簡単に作ったので、私どもの社内では誰も感動してくれませんでした。
以前借りていたインターネットのエクスチェンジサービスの料金(1万
円ちょっと/月)が要らなくなったことを番頭がほめてくれた程度で
す。

しかし、データを見ていると、外出先から携帯電話で入力したとおぼし
き予定もあり、日常にとけ込んで平凡に稼働しています。

たまに、うけるととてもうれしいです。
でも、まずはWabi-Suchを改造する時間的な余裕を作らなくては・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ Excelはすばらしい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本編のボランティア活動をしている友人と久しぶりに会ったのはWabi-S
uchがテーマではありません。
Excelの使い方について相談を受けたのです。

◇ Excelはすばらしい
 Excelはシステム制作の中でも、自分の仕事のためにも日常的に
 使っていますが、改めて眺めるとすばらしいソフトです。
 
 ビジネスの中では紙の筆記用具や計算用紙の代わりにごく平凡に使っ
 ていますが、その潜在的な可能性はまだすべてを使い切っているわけ
 ではありません。
 
 久しぶりに友人にExcelの使い方(彼はソフトは素人ですが自分
 の仕事のためにVBAを駆使してなかなか見事なシステムを構築して
 います)の相談を受けて、改めてExcelのすばらしさを思い知ら
 されました。
 
◇ メールの送信と受信
 例えばExcelはひっそりとメールの送受信機能を持っています。
 Excel自身が持っているのではなく、例えばアウトルックなど、
 セットアップされているメールソフトにデータを渡すだけですが、使
 う側から見たらメールを送信しているように思えます。
 
 ちょっとVBAを工夫すれば決まったアドレスに入力したデータを送
 信できますので、超簡単な通信ネットワークシステムを作ることが出
 来ます。
 
◇ データの分析・集計
 Excel単体でもかなりのデータ操作が可能ですが、オラクルやS
 QLサーバーを外部のツールとして使えばたぶん最強のデータ分析・
 集計ツールでしょう。
 
 操作の簡単さや得られる結果のレベルの高さを考えると、これ以上に
 優れた道具は無いように思います。
 
◇ プリントツール
 私どもは一般のシステムを制作する時もプリントはExcelにデー
 タを送信してプリントツールとして使います。
 
 Excel以上にプリントを上手にするソフトを私は知りません。
 列や行の幅や高さも自由ですし、フォントも好きなだけ選べますし、
 更にテキストボックスを使えば位置も自由です。
 
 それらを関数で表現でき、必要であれば条件書式でデータによって罫
 線や色も変えられます。
 
◇ 強力な開発言語
 私どもはシステム制作にVB(マイクロソフト-ビジュアルベーシッ
 ク)を使いますが、Excelのマクロ言語であるVBAはほぼVB
 に匹敵する開発環境を持っています。
 
 VBに出来てExcelに出来ないものは・・・・無いのでは無いで
 しょうか????
 
 どちらか片方だけを選択するとすれば私は迷わずExcelを取りま
 す。
 
◇ 一般的な使い方の他に
 一般的にはExcelは単なる表計算ソフトで、それ以上のものでは
 ありませんが、工夫すればもっとおもしろいことが出来るようです。
 
 ただその性格上、入力=データ=プリントと言った使い方(正しい使
 い方ですが)をされるので、ちょっとシステムになりにくいだけで
 す。
 
 私どもはシステムで使うときもこの3つは明確に分離して使います。
 すると・・・・
 
 Excelはシステム開発環境になるのです。
 
マイクロソフトはOSを押さえているから強いのだというのが一般的な
評価ですが、私はそうは思いません。
例えばUNIXの上でExcelが稼働するなら、そしてUNIXが廉
価で入手できたら・・・
私はWindowsに未練はありません。

Excelこそがマイクロソフトの最高傑作であり、パソコンの華だと
思います。

|

燃料が高くなる・・高くなる・・・

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◇ 寒い冬のまっただ中です               第233
☆モバイルオフィスの作り方 ★ 2008年01月22日
                            Vol.0233

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_

□   燃料が高くなる・・高くなる・・・
□   自動車を買え・・とおっしゃるのでしょうか??

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 燃料が高くなる・・高くなる・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サブプライムローンの悪影響で株のお値段が安くなっているそうです。
また、来る選挙に向けて民主党はガソリンの暫定税率を廃止し、燃料代
を下げて国会の争点にしようとしているようです。

言いたいことはあるのでしょうが・・・・

◇ 石油はまだあるのでしょうか??
 さて、今回のガソリンの暫定税率廃止の問題は重要です。
 石油の問題は2つに大きく分かれます。
 
 ひとつは”まだ石油があるのか??”という問題と、”地球温暖化に
 対する悪影響”です。
 
 私は地球温暖化の問題が顕在化する以前から、環境保護のために紙を
 使わないことや、エネルギーを浪費しないですむようにデータ通信の
 技術を身につけようと懸命でした。
 
 アルビン・トフラー先生の”第3の波”が来ることを信じていたので
 す。
 (まさかインターネットがこれほどエネルギーを無駄遣いするとは夢
  にも思いませんでした)
  
 さて、私の疑問は”ホントに石油はまだあるの??”と言うことで
 す。
 
 どちらにしてもいつまでもあるわけはないですし、次に出来るのは数
 億年後ですので当面の間には合いません。
 
 高いままで良いのでは無いでしょうか??
 経済に与える影響や私たちの不便はともかく、節約しないといけない
 ものは値段を高くするのがもっとも効果的です。
 
◇ 未経験の事が起こる??
 さて、石油の価格が高騰し、経済が混乱して未経験の事態がやってく
 ると若い人たちは心配しています。
 
 未経験??
 
 そんなことはないのです。
 戦後の混乱期は私は知りませんが、まだ幼かった昭和30年代の前半
 は(3丁目の夕日の時代ですね)石油など無かったように思います。
 
 自動車はわずかにありましたが、石油ストーブはなく、練炭に火を付
 けることが朝一番の仕事だったようです。
 
 練炭火鉢がひとつか二つで家中の暖房はおしまいで、それ以外にはこ
 たつがあった程度でしょうか??
 もちろんこれは関西の話で、北国では薪ストーブなどでもっと暖かく
 しないといけないのでしょうが、石油を燃料にはしていなかったように
 思います。
 
 ちょっと昔には石油も”もの”もインターネットも携帯電話も無い時
 代があり、それほど不便とも思わずに暮らしたように思います。
 
 恐れることはありません。
 
◇ ついでに少子高齢化
 さて、少子高齢化についても心配される事が多いのですが・・・
 
 高齢化??
 そんなものはすぐに終わります。
 今、高齢化と言われている方たちは、若い頃に5kmや10km程度
 は歩き、粗食に耐え、あの激しい戦争を生き抜いた幸運な個体です。
 
 その超健康で幸運な個体が高齢化したからと言って、その後の世代が
 同じように長命だとは思えません。
 
 ちょっとした移動にも自動車を使い、栄養のあるおいしいものを好き
 なだけ食べて、運動不足の私たちが高齢化問題を引き起こすことはま
 ずあり得ないのです。
 
 少子化??
 確かに少子化ではありますが、人口が今の半分になっても江戸時代よ
 りははるかに多いのです。
 経済が大混乱?働き手がいなくなる??
 
 そんなことはありません。
 マナベがよいソフトを作り、人手が足りなくても仕事が進むようにし
 て見せます。
 
 それに縮小均衡してそれなりにやっていけるでしょう。
 
 問題は年金ぐらいです。
 あれは国家が運営する壮大なネズミ講(このごろは振り込め詐欺だと
 いう人もいますが)ですから、末端の客の数が減ると崩壊します。
 
 どうせ崩壊するでしょうが、気休めにはなりますので、そのままにし
 ておけば良いと思います。
 
 少子高齢化は一瞬で過ぎ去り、どこかでバランスするでしょう。
 

◇ エネルギー
 さて、エネルギーの話の戻ります。
 エネルギーはたぶんもう枯渇寸前だと思います。従って税金を安くし
 てもやがては高止まりするでしょう。
 
 それはそれで必然性だと思います。
 私たちはその中でどのように工夫するかを考える必要があります。
 
 物流は石油をあまり使わなくて済む船舶の輸送を主軸に考え、公共交
 通機関をもっと充実させる事を考えましょう。

 船舶輸送は数千年前から大量輸送の主役でした。
 
 移動はなるだけ避け、どうしても必要なら特急や夜行を利用します。
 インターネットは今や膨大なエネルギーを使いますが、人が移動する
 よりはエネルギー消費が少なくて済みます。
 
 また、定額制の通信料金は廃止し、パケットか時間での従量制にしま
 しょう。
 スパムメールなど即無くなること請け合いです。
 
 
 エネルギーには使った分だけ料金を払うという基本的な原則に戻すべ
 きです。
 私たちは支払う料金でしか使用量を加減する事が出来ないようですか
 ら・・・

不便???
その通りです。地球が何億年かかけて作った化石燃料をわずか100年
ほどで使って手に入れた便利さはもう望めません。

不便な中で、それでもどのように便利にするのかを懸命に考えましょ
う。きっと何とかなると思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 自動車を買え・・とおっしゃるのでしょうか??
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
とある日、懸命にプログラムを作っていたら、私どものオフィスにダイ
レクトメールが届きました。
某高級外車専門の販売会社からです。

◇ 自動車を買え・・とおっしゃるのでしょうか??
 さて、私は13年もののカローラに乗っています。
 はじめて新車で買った車ですし、私の中ではまだ新車からちょっと経
 っただけというイメージが強いのですが、ふつうなら買い換える時期
 なのかもしれません。
 
 それにしても立派な自動車がカタログには並んでいます。
 
 私にこの高級車を買え!・・・とおっしゃるのでしょうか??
 
◇ **カローラ
 私どもでは高額の金額を表す単位として”**カローラ”という単位
 を使います。
 
 例えば150万円ほどを”1カローラ”と呼びます。
 500万円であれば”3カローラとちょっと”といった具合に使いま
 す。
 
 それは私が生涯においてもっとも高いお買い物をしたのが現在乗って
 いるカローラなので、高いものを表すときに”カローラ**台分”と
 いう表現をすることで、その金額のイメージをしやすいからです。
 
 例えば今回のダイレクトメールを送って下さった会社の自動車の場
 合、1000万を超えるものがあります。
 
 1000万円というお金が日本のどこかにあることは風の噂で知って
 いますが、集まっているところを見たことはありません。
 
 もちろん、私はプログラマですから、お客様の会社のデータではもっ
 と大きな金額を日常的に眺めていますが、それは単に指数のようなも
 ので、自分の生活には何の関係もありません。
 
 例えば1000万円と言うお金を自分と結びつけたければ・・・・
 
 ”今、財布に2万円ある(すごくリッチな気分になる)・・・”
 
 この財布が10個あれば20万、100個なら200万(このあたり
 で現実感がほぼ無くなる)、500個あれば1000万・・・
 
 といった考え方をします。すると、やや現実味を帯びてきます。
 
 それよりは”7カローラ弱”といった方がよりわかりやすいです。
 
◇ カローラ7台分・・・
 私は新車でカローラを買ったらたぶん15年ぐらいは乗ります。
 7台だと105年・・・
 
 1000万の自動車を買うのであれば15年に一度、カローラを買い
 換えて・・・
 
 何でこんな話題をするかというと、高級外車やさんが私にダイレクト
 メールを下さったのは”新車の代わりに牛車を買おうか?”という話
 題をご覧になった高級外車やさんがダイレクトメールを下さったので
 は無いかと若いプログラマが言うのです。
 
 私は”そんなことは無い”と思いつつ、絶対に可能性がない者に結構
 お金のかかっていそうなダイレクトメールをもったいないと思うから
 です。
 
 格差社会などどこ吹く風!貧乏人は貧乏人で気楽に楽しく暮らしてい
 ます。
 好きな仕事をして、欲しいものは(たいてい世の中には売っていない
 -従って自分で作るしかない)自分で作り、結構ハッピーなのです。
 
嘘みたいな話ですが、私どもでは”**カローラ”と言う単位は結構オ
フィシャルです。
例えば”○○さんの見積、出来た??”と尋ねると、”1カローラ半で
す”と言った返事が返ってくる程度にはオフィシャルです。

そして心の中で考えます。
”あのシステムってカローラ1台半分の価値があるかな??”

カローラはたくさんの部品で出来ており、重さも1tほどある立派な自
動車です。
ソフトウェアーであれと同程度の価値を作るのはそれなりに苦労するの
です。

|

楽しうなるこそ めでたけれ

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◇ お正月も終わっちゃいました            第232
☆モバイルオフィスの作り方 ★ 2008年01月15日
                            Vol.0232

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_

□   楽しうなるこそ めでたけれ
□   牛が逃げる・・・のこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 楽しうなるこそ めでたけれ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”猶 千秋や萬歳と 俵を重ねてめんめんに俵を重ねてめんめんに 俵
 を重ねてめんめんに 楽しうなるこそ めでたけれ”

あけましておめでとうございます。
今年は新春の狂言を見に行く余裕がなかったのですが・・・・


◇ 楽しうなるこそ めでたけれ
 この文句がなぜか大好きで、今までは意味も分からずに時々引用して
 いました。
 
 今回、ちょっと調べたところ、”靫猿”という狂言に出てくる文句だ
 そうで、なおかつ”付祝言”という狂言会などのトメに謡われるもの
 だそうです。
 
 元々おめでたい言葉なのです。
 
 
◇ 狂言のシンプルさに惹かれる
 あるいは飲み、おこたでうたた寝をし、だらだらとお正月を過ごして
 います。
 
 本当なら3日あたりは新春の狂言を見に行くところですが、昨年の年
 末は久しぶりに現役のプログラマに戻って、毎晩徹夜でシステムの制
 作に励んでいましたので、予約する余裕がありませんでした。
 
 ところが深夜か明け方にNHKのテレビを付けたら、新春狂言会をや
 っていました。
 
 和泉流と大蔵流の両方を一度に見ることが出来、とても楽しかったの
 ですが、どうやら私は大蔵流の茂山狂言が好きなようです。
 
 今回は茂山千之丞氏の”蝸牛”をみて、感じ入ってしまいました。
 
 毎年の吉例として見に行くのも茂山狂言なのですが、今回は珍しくテ
 レビですので、ちょっと違った感想を持ったのです。
 
 それは狂言のシンプルさです。
 
 
◇ 衣装も最低限、面もカツラも無し
 必ず面を着ける能と違って(能でも直面と言って例外的に面を着けな
 いものがあるらしい)狂言は面も着けませんし、カツラも着けません。
 
 衣装も例えば蝸牛の場合はシテ(主役)は山伏の格好をしますが、そ
 れも山伏であると分かる程度の最低限度のもので、ワキは袴を着けて
 いるだけのごくシンプルなもの。
 
 舞台そのものが能舞台で、何の大道具もなく、演者は登場するなり自
 己紹介をし、現在の状況や思っていること(内心)を客席に向かって
 朗々と表明します。
 
 ”これはこのあたりに住まい致すものでござる。今日(コンニッタ)
  山ひとつあなたへまいろうと存ずる”
 といった具合です。
 
 狂言に登場する人々はおおむね人が良く、ちょっと間抜けです。
 
 今回の”蝸牛”でも、カタツムリを捕ってこいと言われた太郎冠者(
 召使い)はカタツムリの特徴として”頭が黒く、腰には貝を付けてお
 り、時々角を出す”という主人(頼うだ人と表現される)の説明を聞
 き昼寝をしている山伏をを見つけて観察します。
 
 ”頭が黒い”・・・山伏は黒い頭巾(ときん) を見つけ、腰を見ると
 貝を付けている(ホラ貝)ので、てっきり山伏をカタツムリだと思い
 こみます。
 
 山伏は間抜けな太郎冠者をからかう気になって、カタツムリ踊りを始
 めると言ったごくたわいもないストーリーなのですが、その陽気でお
 めでたくどこかに人に対するそこはかとない愛情を感じます。
 
 何の舞台装置もないのに、そこに藪があると言われればあるような気
 になり、山道を歩いてきたと言われればそのように見えます。
 
 それが芸の力と言われればその通りなのですが、もう少し違った魅力
 を感じます。
 
◇ 時代考証も怪しい
 狂言は能とワンセットで上演されることが多く、その成立時期は同じ
 頃では無いかと思っています。
 
 だとすると、観阿弥世阿弥の時代ですから、室町三代将軍の足利義満
 公の時代です。
 
 一休さんに出てくるあの”将軍様”ですね。
 
 ちょっと衣装なども時代的に変な気がするのですが、どうやらそんな
 ことも狂言の世界ではどうでも良いようです。
 
 シンプルで、時代考証も気にしない狂言が600年も愛され続けたの
 は、お豆腐主義を貫かれた狂言師の皆さんの努力もさることながら、
 簡略故の強さ・柔軟性があったように思えます。

 ここでも”シンプル・イズ・ベスト”というごく分かり切った真理を
 感じます。
 
 そして何よりめでたい!!
 
 それと私には美しい日本語がたまらない魅力です。
 
お正月ですから何かおめでたい話題を・・・
と思うと、どうしても狂言の話題になります。

今年は観に行けませんでしたが、NHKのおかげで良いお正月になりま
した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 牛が逃げる・・・のこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、ずいぶん以前に”牛に足を踏まれる”という話題をお届けしたこ
とがあります。
今回はその続編で、”牛が逃げる”といった話題です。

◇ 牛が逃げる・・・のこと
 牛は見るからにおとなしくてのろまな印象があります。
 でもホントはそうでもないようです。
 
 今から40年ほど前、1960年代には農家はどこでも牛を飼ってい
 たそうです。
 牛は食べるためではなく、ミルクを取るためではなく、農作業での動
 力として働いていたそうです。
 
 耕耘機などが導入されると姿を消したそうですが、たいていの農家で
 は1頭は飼っていたのだそうです。
 
 そして、牛は哲学的な風貌で実に温厚な、おとなしくてゆっくりと歩
 く動物だという印象があり、例えば私どものプログラマたちはのんび
 り仕事をしていると”遅いことは牛でもするぞ!”などとマナベの罵
 声を浴びるのです。
 
 でも、ちょっと違うそうです。
 
 牛はたまに逃亡するそうです。そのときの速いこと・・・
 
◇ 牛もたまには自由が欲しい??
 ふだんの牛はゆっくりと歩き、従順に牛飼い(この場合はお百姓さん
 )の指示に従うそうなのですが、それは鼻輪をしているときだけ(牛
 は鼻にピアスをしており、そこに紐を付けて牛飼いが引く)だそう
 で、万一その紐を放したり、鼻輪の付け替え作業の最中にちょっと目
 を離すと、あっという間に逃亡するのだそうです。
 
 牛は決してのろまな生き物ではなく、かなりの速度で走るようです。
 
 よく考えたら牛は草食動物で、昔はオオカミやライオンなどの天敵の
 肉食獣の攻撃を、その逃げ足でかわすしか無く、人間よりははるかに
 速いはずです。
 
 
 闘牛やスペインの牛をからかって町中を逃げ回るお祭りをテレビで見
 ていると確かに牛はかなり速いですね。
 
 その上、自由を満喫しているときの牛は興奮しており、下手に近づく
 と角で攻撃したりして結構危険なものだそうです。
 
 ではどうするのか・・・・
 
 牛は必ず道草を食べ、ある程度お腹がいっぱいになると地面に座り込
 んで反芻を始めるようで、この状態は精神的にも安定しておりゆっく
 り近づいて鼻輪をセットして捕まえるのだそうです。
 
 
◇ 牛のご飯はわら
 さて、牛の世話ですが、稲わらを1日に2回、5束ずつ与えるようで
 す。
 稲わらは現在の日本でもずいぶん余っているようで、牛はとってもエ
 コな生き物です。
 
 そこで考えたのですが・・・
 
 ガソリンも高くなったことですし、自動車などショッピングセンター
 にお買い物に行くときにしか乗りませんので、いっそ牛を飼ったらど
 うだろうと考える次第です。
 
 インターネットを調べたら”牛の飼い方”と言った記事が結構載って
 います。
 (そのほか、ダチョウの飼い方やロバの飼い方なども載っていまし
  た。)
  
 ロバやダチョウに比べてもノウハウが確立されており、飼料なども簡
 単に入手できるようで、かなり大きな荷物でも平気で運んでくれま
 す。
 
 いっそ牛車を作ってカローラの代わりに乗るのはどうでしょうか?
 道路交通法上には何か制限があるのでしょうか??
 
◇ 牛を飼う問題点
 さて、ちょっと本気で牛の事を調べていてまずぶつかった問題点は牛
 小屋です。
 
 私どもが住んでいる小さな家はほぼ牛1頭が飼える牛小屋程度の大き
 さのようです。
 牛を住まわせると、私どもは2階に住むしかなくなります。
 牛はなかなか魅力的なのですが、自宅の半分を(風呂や台所など大切
 な機能はすべて牛小屋の犠牲になる)牛に提供するのはちょっと検討
 する必要があります。
 
 もう少し検討してみることにします。


今乗っているカローラはかれこれ13年目になり、そろそろ買い換えを
検討しようかと考えています。
そこで魅力的な自動車も見つからないまま、牛を飼って牛車を作ろうか
などと考えたのですが、なかなか前途多難なようです。

でも原油価格が100$/バーレルを超えるかという時代にはまんざら
アホな話でも無いような気がしますが・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[モバイルオフィスの作り方] はサボのマナベが日々気づいたこ
とや思った ことをお天気の良い日の縁側に座ってポツリポツリと
お話しするようなマガ ジンです。
ご意見などもあることと思います。
もしご意見等がありましたらお寄せいただければ随時話題にして
いきたいと思います。


|

« 2007年12月18日 (火) | トップページ | 2008年6月23日 (月) »